おすすめ記事

登録されている記事はございません。

© 法人携帯で経費削減が実現できる!格安simの法人契約 All rights reserved.

格安SIMのその他のメリット

20174/28

法人向け格安SIMのメリット

格安SIMのメリットといえば、「安さ」!と、まず頭に浮かぶのではないでしょうか。

法人向け格安SIMのメリット

格安SIMを導入している法人様も、これから導入を検討している法人様も、「安さ」に魅力を感じていると思います。もろちん月額料金の安さも挙げられますが、その他の要素にも多くはありませんがメリットがあるのです。
そこで今回は、法人向け格安SIMのメリット「安さ」と、なぜ安いのか?のご説明と、さらにメリットとなる要素をいくつかご紹介させていただきます。

知っていたという方も、知らなかった方も、導入を検討される際に参考にして頂ければ幸いです。

1.法人向け格安SIMのメリット「安さ」と、なぜ安いのか?

冒頭でもご説明している通り、法人向け格安SIMは「月額料金の安さ」が一番のメリット。なぜ、格安SIMは格安なのか
MVNO(仮想移動体通信事業者)は様々な業種の事業所が参入しており、それぞれ独自の格安プランを提供しています。
いずれも大手携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と比べるとかなり割安な月額料金設定がされています。
極端な例でいえば、通常月額6,000~7,000円が半額以下というケースも多く、法人契約で複数回線の申し込みであれば、さらに大きな通信コストの削減となります。

また、月額料金に大きく関わっているデータ定額プランも、データ使用量1GB~選択が可能になっているので、大手キャリアのように大容量ブランしかないという事もありません。
特に小規模な法人様にとっては、月額の通信コストを大幅に削減できるのではないでしょうか。

では、なぜ格安SIMは安いのか?

普通に考えれば、格安SIMを取り扱っているMVNOは、なぜ格安でサービスを提供しているのか疑問が浮かんでくるものです。
通常、前述の通り大手携帯キャリアは6,000~7,000円の月額料金が必要になります。
それは、キャリアが保有している新規技術開発、基地局、収容局の維持、メンテナンスや人件費に多額の費用が必要になるからです。
一方のMVNOは、キャリアと違い基地局や収容函を保有しておらず、ドコモやauなどから通信回線の一部を使わせてもらって事業を展開しています。

このように、携帯キャリアは全国への通信網の整備や独自の端末開発、ショップの全国展開など幅広いサービスを提供していますが、MVNOは大手キャリアから設備を借りて、本当に必要なサービスに絞っていくことでコストを抑えています。
結果として、安い月額料金でサービスを提供でき、今では1,000円程度でスマホが利用できるようになっているのです。

2.法人向け格安SIMその他のメリットとは?

格安SIMのメリットは「安さ」と言うことは広く知られていますが、その他にどんなメリットがあるのか?一般的には以下の様な要素もメリットとして挙げられます。
格安SIMのその他のメリット

料金プランがシンプル

大手携帯キャリアの料金プランをご覧になったことがありますか?
基本プランからデータ定額プランまで複雑になっており、まず一目で理解できる方はいないのでは。
一方、法人向け格安SIMの料金形態はいたってシンプルなもの。単純に、利用料に応じてスマホとケータイのプランを選ぶだけとなっています。また、MVNO独自のオプションサービスもあるので、合わせて契約すれば更にお得になります。

キャリアの様な縛りが少ない

格安SIMには基本的に携帯キャリアのような2年縛りがありません。
特に、データ通信専用プランではほとんどのMVNOでは解約手数料が発生しません。
ですが、音声通話SIMに関しては最低利用期間内での解約の場合、解約手数料が発生する場合がありますので、導入時に確認が必要です。

海外でも使える

格安SIMを利用しているという事は、SIMフリースマホ・ケータイを使っている事になります。
海外出張などが多い方は、海外で普及しているプリペイド式のSIMカードを購入して自分の端末に差し替えるだけで、海外でも手軽に利用することができます。

好きな端末が使える

格安SIMの場合、SIMフリー端末を用意すればよいので、端末の選択肢は広くなります。
また、SIMフリー端末は低価格のモデルが多いので端末代も抑えたいといった時には便利です。

人によってメリットになったり、ならなかったり人それぞれだと思いますが、法人格安SIMにはこのようなメリットもあります。

3.まとめ

ここまで様々なメリットをご説明させていただきましたが、一番のメリットはやはり「安さ」です。
現在のMVNOは、法人用の定額プランも充実しており、利用量に合わせてプランを選ぶことができます。導入を検討される際には安さだけに注目せず、利用状況に適したプランを選ぶようにしましょう。
また、携帯電話の利用が極端に多い法人様は、大手キャリアを含めて検討することをおススメします。

関連記事

ページ上部へ戻る